子供が忘れ物をした!小学1年生だと親は学校に届けるべき?

忘れられた手提げ袋。こんなに大きいのに… 育児関連

小学1年生の娘が2学期に入って間もない頃。

学校へ行く姿を玄関で見送って一息ついていると…

息子:ミート
息子:ミート

これ、おねえたんの忘れ物…

母:ミユ
母:ミユ

大事な体操服と上靴を忘れてる~。。

なんと、下の子が小学校に持って行くはずの手提げ袋を持ってきました(汗)

1学期の内は忘れ物防止のため私も頻繁に声かけしてきたのですが、夏休み明けで親子共にぼーっとしていました。

最近配られた学年便りには「忘れ物が多い子どもが増えているので気を付けてください」と注意書きがあったばかり!

体育がないため体操服は良しとして上靴はないとかわいそうかな~と、今回は学校に持っていきました。

忘れ物に気づいたらどうするべきか。

入学前は”小学1年生になったら、忘れ物をしても自己責任”と思っていました。

しかし、1年生クラスの担任より

1年生の内は忘れ物がないよう、保護者と一緒に持ってくる物を確認してください」と話がありました。

母:ミユ
母:ミユ

最初の内に親と準備して癖をつけることで、後々の忘れ物防止になるようです。

そのため、基本的に子供1人で準備させるも、忘れ物がないよう私もチェックして予防していました。

 

とはいえ、人間ですから忘れ物はしますよね。ましてや子供!

しかし、忘れ物があっても小学校が遠かったり仕事や予定があったりすると簡単には届けられません

小学生の忘れ物の場合、一般的にはどうしているのか調べてみました。

気づいたら全て届ける派(少数)

  • 子供が困るだけでなく、先生や友達に迷惑をかけてしまう。
  • 1年生の内は忘れ物は親にも責任がある。
  • 内気な性格で忘れ物をすると落ち込み、 周りに迷惑をかけてしまう。

一切届けない派(やや少数)

  • 仕事しているので、届けに行きたくても、届けに行けない。
  • すべて子供の自己責任。忘れ物をすることによって、次回気をつける良い機会になる。
  • 忘れ物をしてもなんとかなることの方が多い。

内容によって届ける派(大多数)

  • お金関係・お弁当は先生の迷惑になるから絶対に届ける。
  • 体操服は見学になるので、届けるor届けない(家庭方針による。)
  • 文房具類は借りられる、また宿題は翌日に提出すればいいから届けない。

友達や先生に借りられる・何とかなるものは基本的に届けず、授業に重要な物やお金・お弁当は届ける」というのが1番多く、私も納得でした。

ただ1年生の内から忘れ物が多い子に関しては一概にいえません。

忘れ物があっても何とかなる=忘れ物を繰り返す習慣がつく=大きくなってからも忘れ物が当たり前になる可能性もあるそうです。

そのため、そういった場合はまた別の対策が必要かもしれません。

忘れ物を届けるタイミングはいつ?

さて、この子供の忘れ物ですが、学校に届けるのはいつでもいいのでしょうか?

こちらも「休憩時間を狙う」「まずは学校に電話する」など様々な意見がありましたが、「気づいたらすぐ」という意見が大多数でした。

ただどの場合でも、直接教室や靴箱に向かうのは控えた方がよさそうです。

今は子供達の安全確保のために校門等の施錠をしている学校も多いので 、職員室やインターホンを通じて忘れ物を届けてにいた旨を伝えるようにしましょう。

その状況に応じて、学校も対応してくれることと思います。

忘れ物は「学校方針・家庭方針・子供の性格」で判断!

小学1年生の内は忘れ物を届けてあげるのも親の役目の一部といえそうです。

しかし、忘れ物をすることによって困ったことを伝える・今後気をつけようとする良い機会にもなります

一般的な意見も参考にしながらも

  • 学校の方針「学校生活に支障が出るから届けてほしい/学ぶ機会だから届けなくてもよい」
  • 家庭の方針「忘れ物をして周りに迷惑がかかるなら届ける/困ったことを考えられる良い機会だから届けない」
  • 子供の性格「普段忘れ物をしないから届けることにより/届けないことにより気を付けるようになる」

この点にも注意して、忘れ物と向き合っていきたいですね。

 

ちなみに娘の後日談としては、私が届けた翌日からは自分で忘れ物がないか1年生なりに気をつけようとする姿勢が見られました。

そして、またしばらくたってから忘れ物を忘れてしまった時は

娘:ミーナ
娘:ミーナ

水筒忘れたから、水もらって飲んだ。明日は気を付ける!

と、あっけらかんと言ってました。

なので、忘れ物は届けるとか届けないとか決めつける必要はないんでしょうね。

親も臨機応変に対応すると同時に、忘れ物をしないように1年生の内だからこそ親子で気をつけていこうと思いました。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑↑ブログランキングに参加しました。 クリック頂きましたら、その分更新がんばります!

よろしければよろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました