栄養抜群のひじきは毒性がある?食べ過ぎたら体に良くないのか確かめました!

趣味/雑記

スーパーで夕飯を悩んでいると、水戻しヒジキが目に入りました。

実は「ひじきは毒性があるので食べ過ぎてはいけない」という妊娠中の情報がずっと頭に残っており、買うのは数ヶ月ぶりです。

母:ミユ
母:ミユ

子供達も頻繁に食べさせない方がいいのかな。。

と、ひじきに対して個人的な潜在意識があったので、確認してみました。

 

ヒ素を含むひじきは毒性があるの?

毒性が気になるひじきですが、私自身は小さい頃から「栄養成分がある」と言われてよく食べてきました。

妊娠中に「妊婦はひじきの食べ過ぎに注意」と聞いて気を付けるようになりましたが、今も昔も給食によく出る食材です。

そこで、まずはひじきの毒性があるという噂の由来を調べました。

  • 2004年7月に英国食品規格庁(FSA)が「毒性の強い無機ヒ素を多く含むひじきは食べない方が良い」と出した勧告が問題提起の発端。
  • ヒ素は中毒やがん・皮膚病変の原因になると言われているが、大量に摂取しない限り問題はない
  • 厚生労働省も「ひじき等の海藻中に含まれるヒ素による中毒の健康被害が起きたとの報告はない」と発表している。

海外からの問題提起が理由で、妊娠中のひじきの食べ過ぎが注意されていたのですね。

とはいえ、ヒ素自体はひじきだけでなく自然界中に存在しており、0にはできないそうです。

海苔やアカモク等の海藻類、野菜・穀物などいろんな食品にヒ素はごく低い濃度で含まれています。

しかし、よほど大量に食べない限りは問題はないとのことで安心しました。

(※参照:外部サイト「農林水産省 食品中のヒ素に関するQ&A」)

母:ミユ
母:ミユ

妊婦さんや子供に限らず、どんなに健康的な食品でも食べ過ぎれば毒になるという一例と同じですね。

ひじきは栄養成分満点の食材 

あわせて、ひじきを調べていくと栄養が豊富だということが改めてわかりました。

歯や骨の成形をカルシウムは海藻類中で最高含有量であり、昆布の約2倍も含まれています。

普通牛乳と比べると、ひじきのカルシウム量は約12倍!

離乳食や幼児食にもよく使われているのも納得ですね。

 

また、 ヒジキには他にも

  • 疲労回復や骨粗しょう症を防ぐマンガン
  • 甲状腺障害などに有効とされるヨウ素(ヨード)
  • お腹の調子を整える食物繊維

また、リンやカリウム・鉄分など、非常に多くの栄養成分が含まれていました。

貧血改善・生活習慣病・骨粗しょう症の予防…と、ひじきは大人にも効果的な食材であるのですね。

母:ミユ
母:ミユ

食物繊維が多いひじきは消化されにくいため、

風邪や下痢など体調不良時には控えることをオススメします。

ひじきのヒ素をおさえるレシピはあるの?

栄養を多く含むひじきですが、食べ過ぎ以外に注意はあるのでしょうか?

レシピについて調べたところ、基本的にひじきは水戻しでヒ素は減少できるとのこと。

ただし、この時にひじきの水戻しに使った水は使わないでください。

(※参照:外部サイト「東京都福祉保健局 ひじきに含まれるヒ素」)も言及している。

母:ミユ
母:ミユ

これまでひじきを食べてきましたが、日本人の調理方法である水戻しでちゃんとヒ素は軽減されていたのですね。

まとめ

妊娠以来、なんとなく避けてきたひじきでしたが、栄養抜群で含まれているヒ素も問題ないことがわかりました。

赤ちゃん・子供だからと言ってひじきを特に制限する必要はないのですね。

むしろ偏った食べ方をすると、かえってリスクを高める可能性が出てきます。

大切なのは知識を持って食材を使うこと。

母:ミユ
母:ミユ

鶏ひき肉で作る豆腐ハンバーグにひじきを入れると、子供達も大喜びで食べていました。

むやみに一定の食材を恐れず、食べ過ぎに注意して、様々な料理を取り入れていこうと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑↑ブログランキングに参加しました。 クリック頂きましたら、その分更新がんばります!

よろしければよろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました